2017年3月25日土曜日

富士見岳と大黒岳、長野県

大黒岳からアレタ沢へドロップ

乗鞍高原の上部で山スキーを楽しんで来た。まず、カモシカゲレンデから滑り台を経て、摩利支天(2872m)と富士見岳(2817m)のコルへ登り、富士見沢を途中まで滑った。一旦シールを貼り直して、鶴ヶ沢へ移動、富士見岳と大黒岳(2772m)のコル(県境広場)へ登り上げ、鶴ヶ沢の一つ北のアレタ沢?へ滑り込んでから尾根をトラバースして鶴ヶ沢へ戻った。位ヶ原山荘南の谷を滑り、冷泉小屋を経て再度アレタ沢に移動、エコーラインとの交差地点から鳥居尾根に乗ってゲレンデに戻った。
 今日は乗鞍がホームグランドのKさんとOkさんの後を追いかけるだけ、何処をどう滑っているのかわからないうちに、いつの間にかゲレンデに戻っていた。後で地図を確認するとエコーラインの自転車ヒルクライムコースを巧妙にショートカットした行程で、白日夢のような一日になりました。新装なった湯けむり館で一風呂あびて帰宅。Kさん、Okさんありがとうございました。


全体ルート
上部ルート

ケモシカゲレンデリフトの始発を待つ
ツアーコースを登る
吊尾根が青空に映える
滑り台へ
不肖ヶ池の向こうに恵比寿岳、右のピークが富士見岳
稜線からドロップ
Okさん
大滑降
鶴ヶ沢右岸で一休み
県境広場へ登り上げる
畳平と恵比寿岳
大黒岳からドロップ
富士見沢を隔てて富士見岳
再度富士見沢へ滑り込む
位ヶ原山荘前の広場で下山ルートを確認
鳥居尾根を経てゲレンデゴール、お疲れ様でした


使用カメラ:Nikon 1J4+NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6